宮城県蔵王野鳥の森自然観察センターことりはうす
「ことりはうす」へようこそ
9月11日  【お知らせ】
橋が老朽化しているため通行止めとしていました「わさび沢」の湧水地は橋の撤去が完了しましたので通行止解除とします(撤去した状況はブログを見てください)。
9月8日  【お知らせ】
9月12日(土)の蔵王トレッキング(芝草平)は天候が悪いことが予想されるため中止とさせて頂きます。また10月4日(日)蔵王トレッキング(後烏帽子)はえぼしスキー場のロープウェーの利用ができないため不忘山に変更します(8時まで白石スキー場駐車場集合)。
8月28日  【お知らせ】
10月の予定10~11月予定表(pdf)をアップしました。
8月18日  【お知らせ】
9月12日(土)の蔵王トレッキング(芝草平)と10月4日(日)蔵王トレッキング(後烏帽子)は定員となりましたので締め切らせて頂きます。
8月12日  【お知らせ】
8~9月予定表pdfでお知らせしました9月26日(土)実施予定としていました「森の恵み観察会(キノコ観察)」はコロナ感染防止の観点より中止とさせて頂きます。
7月19日  【お知らせ】
9月の予定9~10月予定表(pdf)をアップしました。
6月27日  【お知らせ】
8月の予定8~9月予定表(pdf)をアップしました。
令和元年8月28日  【お詫び】
8月28日(水)は無料開放日にかかわらず手違いにより入館料を頂いてしまいました。午前中に2人でご入館され入館料をお支払いされたお客様は大変申し訳ありませんがご連絡くださいますようにお願い申し上げます。
 
 利用案内
 開館時間   AM 9:00~PM 4:30 
 休館日   月曜(休日を除く)、休日の翌日(土日祝日を除く)、
12月28日~1月4日
 入館料  大学生以上 350円 (団体280円)
団体は20名以上です。
高校生以下は無料です。
 入館料の
特例について
 学校等の利用、身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳及び療育手帳の交付を受けている方及び付き添いの方については、こちらをご覧ください。
 無料開放日  下記の日は入館料が無料となります。
毎月第4水曜日(休館日となる場合があります)
愛鳥週間(5月10日~5月16日 月曜日は休館日となります)
開館記念日(4月29日(昭和の日))
  連絡先  電話 0224-34-1882
  Fax:0224-34-1871
 E-Mail: kotori-house@cosmos.ocn.ne.jp
 

 ことりはうすの正式名称は「宮城県蔵王野鳥の森自然観察センター」、遠刈田温泉の中心部からみやぎ蔵王えぼしスキー場へと向かう道筋にあります。周辺の森は昔から野鳥の楽園として知られ、昭和49年には「蔵王野鳥の森」が開設されました。
 近年、生活環境の都市化にともない自然への関心が高まり、自然を求める人々が増え続けています。そのため、自然の仕組みや生命の大切さなどを学ぶ場として、野鳥の森の入口に設けられたのが「ことりはうす」です。
 平成6年5月に同地で開かれた「全国野鳥保護の集い」に合わせて開館しました。

 野鳥が羽を広げたような屋根の館内は、文字通り野鳥の世界に足を踏み入れたよう。楽しみながら蔵王の自然や野鳥の生態などが理解できる展示となっています。鳥類の剥製はイヌワシなど33科112種にのぼります。そのほか、ほ乳類の剥製やチョウやガの標本が展示されています。また、自然界にエサが少なくなる冬、給餌台に集まるたくさんの野鳥やリス・カモシカなどを、館内の観察室から直接目にすることができます。毎月のイベント行事の他に、自然のものを利用したクラフト、ことりブローチ、きらきらツリー等は常時行うことができ、皆様から好評を得ています。
 平成21年4月から、特定非営利活動法人宮城県森林インストラクター協会が、指定管理者として宮城県蔵王野鳥の森自然観察センターことりはうすの管理を行っています。一人でも多くの皆さんに、この施設のすばらしさをお楽しみいただけますよう、スタッフ一同力を合わせてまいります。

※野鳥情報・イベント情報は随時ブログで更新して参りますのでお楽しみに~♪

野鳥の森でいろんなイベントを行いますのでチェックしてね。
蔵王トレッキング(芝草平)
ネイチャークラフト体験好評です 予約不要・スタッフにお声掛けください!
森のわくわく
クラフトコーナー 300円
ことりブローチ
300円
森のきらきらツリー
200円